ソーラー発電.info:トップ > 家庭用ソーラー発電
家庭用ソーラー発電システムはいくつかのメーカーから発売されています。
施工実績4万件超。全メーカー対応の無料一括見積もりが便利♪
クリック♪ 信頼と安心の太陽光見積サイト

家庭用ソーラー発電

太陽光発電は、家庭用のシステムも、温室効果ガスなどを

発生させない仕組みなので、地球温暖化などへの配慮や、

近年のエコブームもあり、屋根などに設置している住宅を

よく見かけるようになってきました。

また、助成金がでるのも大きなメリットです。

 

太陽光発電は、いかに効率よく太陽エネルギーを電力に変換するかが課題で、

最初は6%だった変換効率も、

2006年には40.7%まで上がってきています。

コストや、天気により発電量が左右されることや、

夜間に発電できないなどがこれからの課題となっています。

コストについては、生産量が増えることで、

どんどん安くなっていくと思われます。 



どのメーカーでも一緒だと思いますが、

屋根などに設置したソーラーパネルで発電し、

その電気を、家庭で使えるように変換します。

そしてその電気を、それぞれの家電製品に送って使用するわけですが、

余った電機は電力会社に売却します。

ソーラー発電だけで家庭の電力をすべてまかなう事はできないので、

足りない分は、電力会社から普通に買うこととなります。

夜間の電気代が安い契約にしたり、オール電化と組み合わせたりすることで、

賢く電気代を節約している家庭が多いようです。

 

屋根に設置するということで、やはり気になるのが、汚れです。

パネルの表面が汚れると、当然発電できる量が減ってしまいます。

しかし、砂やホコリでよごれたとしても、雨がふれば、

ほぼ元通りの発電量にもどるとのことです。

 

電力を電池に充電して、それを使うというようなことはできません。

でも、先述のとおり、余った電気は電力会社に売ることができるので、

蓄電池が必要ないんですね。

太陽光発電を、家庭用に設置した場合、初期投資分は、

平均で15~20年くらいで回収できると言われています。

電力会社との契約や、節電についてちゃんと取り組んでいない場合には、

もっと長くなるでしょう。

また、最も大きな弱点、デメリットとしては、積雪に弱いということです。

雪がけっこう降る地域では、頑張ったとしても、

設置費用を回収するのは時間がかかりそうです。

ところで、今、自宅や事務所などにソーラー発電(太陽光発電)を施工すると、いったい費用はいくらくらいかかるのでしょう。
目安としてでも知っておいて損はありません。
ただ「費用がいくらかかる?」「保証期間はどれだけか?」は建物の状況やメーカーなどによっても異なります。
そこで便利なのが、太陽光発電の無料一括見積もりサービスです。
施工実績4万件超の実績を持ち、全メーカーに対応しているサービスが以下です。
費用は無料、時間も3分で終わるので試しておいてはいかがでしょう。
各メーカーの比較一覧表は見ておくだけでも損はしません。
【ソーラーパネルメーカー別比較一覧表】を見てみる▼
信頼と安心の太陽光見積サイト 太陽光発電
おすすめ♪
  • 賃貸マンションのベランダ
    でも設置できる蓄電式
    ▼▼▼


    クリック♪
カテゴリー
更新履歴
家庭用ソーラー発電
RECOMEDE
  • 費用0円で太陽光発電
    を導入する方法とは?
    ▼▼▼

    0円太陽光発電
IT用語