トップ > ソーラー発電 停電 > ソーラー発電 停電

ソーラー発電 停電

施工実績4万件超。全メーカー対応の無料一括見積もりが便利♪
クリック♪ 信頼と安心の太陽光見積サイト

現在も厳しい状態が続いている、東日本大震災では、大規模な停電が起き、

いまだ復旧していない地域もあります。

また、発電所の被災による電力の供給不足も長期化する見込みで、

東京電力および東北電力の管内では、

戦後の混乱期以来となる「計画停電」も実施されました。

 

 

そんな状況のなか、自宅に太陽光発電システムを導入されている方々が、

「もしものときに、この太陽光発電を活用できないだろうか」と思われるのも、

当然のことでしょう。

このシステムは通常、停電になった場合、

太陽光発電で得られる直流電力を

家庭用の交流電力に変換する「パワーコンディショナー(パワコン)」

という機器が自動的に止まります。 

どうしてかというと、停電の場合に各家庭の太陽光発電からの電気が

電力会社の系統に流れてしまうと、

故障した箇所に電気が流れることになってしまい、

感電や火災などの危険性があるからです。

ですから停電した場合、今までのように太陽光発電の電気を

使うことはできなくなります。

 

 

ただし、太陽電池は日照さえあれば発電を続けます。

この電気をただ捨ててしまうのはもったいないことです。

そこでパワコンには非常用に使えるコンセントがついていて、

この1か所だけは非常用電源として使うことができるのです。

これを「自立運転」機能といい、

このコンセントを「自立運転コンセント」と呼びます。

そのコンセントは機種や形状に種類がありますので、

家や企業のパワコンのどの場所に自立運転コンセントがあるか、

取扱説明書などで確認しておき、いざという時にあわてないようにしましょう。

ところで、今、自宅や事務所などにソーラー発電(太陽光発電)を施工すると、いったい費用はいくらくらいかかるのでしょう。
目安としてでも知っておいて損はありません。
ただ「費用がいくらかかる?」「保証期間はどれだけか?」は建物の状況やメーカーなどによっても異なります。
そこで便利なのが、太陽光発電の無料一括見積もりサービスです。
施工実績4万件超の実績を持ち、全メーカーに対応しているサービスが以下です。
費用は無料、時間も3分で終わるので試しておいてはいかがでしょう。
各メーカーの比較一覧表は見ておくだけでも損はしません。
【ソーラーパネルメーカー別比較一覧表】を見てみる▼
信頼と安心の太陽光見積サイト 太陽光発電
ソーラー発電 停電
ソーラー発電は停電時には役にたつのでしょうか。

前の記事 | 次の記事

【関連コンテンツ抜粋】
IT用語