ソーラー発電.info:トップ > ソーラー発電 蓄電
ソーラー発電でエコな電気を得れたとして、その電力を蓄電して使うことはできるのでしょうか。
施工実績4万件超。全メーカー対応の無料一括見積もりが便利♪
クリック♪ 信頼と安心の太陽光見積サイト

ソーラー発電の蓄電式の特徴

通常のソーラー発電とは違って、独立型ソーラー発電(蓄電型)というものがあります。

たとえばこんなタイプです。
蓄電式太陽光発電システム
マンションのベランダで太陽光発電ができ、しかも蓄電式という優れものです。賃貸マンションでも設置可というのもポイントが高いですね。

一戸建て住宅の三角屋根に設置されている一般的なソーラー発電システムとの大きな違いは、太陽光によって発電した電力を「閉じられた回線の中」で蓄電する点です。
発電した電気は付属バッテリーに蓄電する=つまり、送電線で商用電源とつなぐ必要がない、ということ。
あくまで全くの独立した電源なのです。

ですから、これまで別荘や山小屋、海の上など、レジャー関連から注目されていました。
電気の無い僻地まで実用的に利用することができるから、たとえば、キャンピングカーを利用したアウトドア・キャンプや、海の上の船でも電気を作って利用できます。

ところが今では、そういったレジャー用途だけではなく、マンションのベランダやバルコニー用の太陽光発電としても注目されています。
震災時などの非常用電源としても利用できるからです。

マンションのベランダでも使える蓄電式ソーラー

この蓄電式の太陽光発電システムの特徴として、「大掛かりな工事が不要」ということが挙げられます。
通常、マンションのベランダは「共有部分に専用使用権」が設定されているだけですから、たとえ区分所有者であろうと、大掛かりな設置工事はできません。
しかし、この方式ならば付随工事ナシで設置できるので、管理組合の承認なども不要で設置できるわけです。

ここで、一般的な蓄電式太陽光発電システムについて記しておきましょう。

独立型ソーラー発電(蓄電型)は、基本的に、昼間にソーラー発電の電気をバッテリーに蓄電します。
その充電したバッテリーから負荷である電気製品に電力を供給し、負荷に供給する電力は、常にバッテリーから供給されるのです。

また、バッテリーに蓄電する作業と、バッテリーから放電する作業は別々で、バッテリーに電気製品が繋がっていなくても、発電した電気はバッテリーに充電されます。
電気製品の使用は、昼夜関係なくバッテリー残量がある限りできます。


何を基準にソーラーシステムの機器を選定するかは、使用する人の用途や状況によって様々な組み合わせが出来ます。
賃貸マンションでベランダには大掛かりな工事はできない、売電はあまり考えていない...それでも太陽光発電の導入を検討中でしたら、おすすめの方法だと思います。

なお、冒頭で紹介した「ベランダでできる蓄電式太陽光発電システム」についての詳細はこちらからどうぞ。

付随工事ナシ!で太陽光発電

ところで、今、自宅や事務所などにソーラー発電(太陽光発電)を施工すると、いったい費用はいくらくらいかかるのでしょう。
目安としてでも知っておいて損はありません。
ただ「費用がいくらかかる?」「保証期間はどれだけか?」は建物の状況やメーカーなどによっても異なります。
そこで便利なのが、太陽光発電の無料一括見積もりサービスです。
施工実績4万件超の実績を持ち、全メーカーに対応しているサービスが以下です。
費用は無料、時間も3分で終わるので試しておいてはいかがでしょう。
各メーカーの比較一覧表は見ておくだけでも損はしません。
【ソーラーパネルメーカー別比較一覧表】を見てみる▼
信頼と安心の太陽光見積サイト 太陽光発電
IT用語